1〜2回のイベントでなく、諦めず続けるからこそ魂が輝き始めるんです

レインドロップを施術させていただく時に、常に思うこと。
身体に出てくるのは、やはり最終段階。

だからこそ、気づいて今の状態を改善していくのは、あなた自身がカラダとココロのつながりを魂から見つめたとき。

本当の変化はそれから。

まだボディのセラピーやヨガの講師を始めた頃、『私のこの状態をなんとかしてください』という方との出会いが多かった。

私自身もなんとかできないことや、セッションで状態が改善されたとしても次回のセッションまでにまた元に戻ってしまうその繰り返しにがっかりしたりしたものだ。

今思うと、『私がなんとかできる』なんて、ものすごいエゴにまみれていたな、と恥ずかしい。

私ではなく何とかするのはあなた自身。

私はその方法をお伝えし、実践するのはあなた自身。

 

今は、世界2%のエッセンシャルオイルが100%の仕事をしてくれるように、私はニュートラルを心がける。

ニュートラルでなければ、エッセンシャルオイルは私を癒し始めて、私の問題解決をしようとし始める。

植物はただ平等で純粋だから、人を選ばないのだ。

触れる人、空間にいる動物も植物も全部に働きかけようとする。

受け手のあなたがそんなエッセンシャルオイルの力を100%を受け取り、キープできるように、

いやむしろあなたの魂の根っこが喜んでそれ以上のパワーを発揮できるような環境を作るために必要な、

自分自身の整え方の練習を一緒にしている。

だけど、セッションを通して一緒に練習できる時間なんて、1日の中でほんのわずかな時間しかない。

車の免許の教習のようにテストをするわけでもないから、合格だ〜という明確な卒業があるわけでもない。

常に観察・練習・体感・学びを繰り返していくことで、自分で『腑に落ちる』という体験を繰り返し成長していくことで、

初めて『もう病気は卒業。不調は卒業』と言えるだろう。

卒業しても、自分の状態は日々変化するし、いろんな出来事も起きるわけだから、

『観察・練習・体感・学び』この繰り返しは続く。

 

だからこそ、レインドロップは1〜2回のイベント的に施術を受けて終わりではなく、

セルフケアとして毎日自己観察と調整を続け、月に1〜2回は他人に委ねることを私は伝え続ける。

 

『観察・練習・体感・学び』が習慣になっていないのに、自分を諦めるなんて全然早い。

なぜそんなにインスタントに答えを求めるの?

 

私自身も日に何度も、体と心の自己調整を繰り返しているし、毎月1〜2回は人に体を委ねることを続けている。

私がこの世で授かった命を全うして生かしていくためには、この方法しかないとわかるから。

そしてこの方法が私を救ったように、多くの方を救うから、『自分と向き合い自分で何とかする方法を身につけよう』という方に、まずは3回コースで伝えさせていただく。

3回やって卒業を決めることが本当にあなたのためになるのか、自分の体と心に聞いてみると良いのかもしれない。

魂の根っこセラピー イチオシ レインドロップ 3回コース

お申し込みはこちらから http://amrita-planet.com/menu/

施術日記&お客様の感想 http://amrita-planet.com/%E3%81%8A%E5%AE%A2%E6%A7%98%E3%81%AE%E5%A3%B0/%E9%AD%82%E3%81%AE%E6%A0%B9%E3%81%A3%E3%81%93%E3%82%BB%E3%83%A9%E3%83%94%E3%83%BC%e3%80%80%E3%82%A4%E3%83%81%E3%82%AA%E3%82%B7%e3%80%80%E3%83%AC%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%83%89%E3%83%AD%E3%83%83%E3%83%97/

 

 

 

 

 

 

 

関連記事

  1. 皮膚のトラブルも魂の根っことつながっている?

  2. 魂の根っこリーディング&アロマお茶会 @東京 @zoom …

  3. 魂の根っこリーディングで体と心が繋がっていることを実感

  4. レインドロップでカラダとココロのパターンを解放

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。