とことん対症療法に対する私なりの解釈、闇も光も観ること

今日はある症状に対しての対症療法のお話。

人は病気になると、何とかしたいと思うのは当たり前のことですよね。

でもちょっと立ち止まって考えたり、観てみたりしてみる。

「何故なんとかしたいのか?」

色んな言葉出てきませんか?

「今のままでは苦しくて」「こんなんじゃ嫌だ」

「痛い」「これじゃあ仕事ができない」

 

何故?

なぜ?

健康で絶好調なときは、考えてもみないかもしれない。

何故病気になると、上に書いたような思いが出てくるの?

 

それは、無意識のうちに私たちは「心地よい状態」「安心できる状態」「これで大丈夫」という状態を感覚として知っているからじゃないかな。

 

そうしたら、今の病気の自分にとって、

「心地よくて、安心できて、大丈夫」

と思える状態を作るために、あなたは何を選択する?

 

選択したものをまた「何故これを選んだの?」と自分に問いかけてみてほしい。

例えば、病院に行ってみる、という選択をしたとする。

その行動ひとつにも、あなたが選択した理由がある。

自分の身体に何が起きているか知りたい

医師に共感してもらいたい

薬をもらって楽になれるかも

などなど。

なぜ薬をもらって楽になりたいの?

またそこを観る。

え?また?

なんだかしつこくない?

そう、しつこく観ていきます。

薬を飲まず、今のままで私は何を失うと感じているのかな?

薬を飲んで楽になったら何が得られるんだろう?

 

私は人は壁にぶち当たったときこそ、自分が何を求めていて、何を恐れていて、何を大切にしているのか、わかるチャンスだと思っているのです。

 

その感情手放したい?

持っておきたい?

私がファーストチョイスをアロマにするのは、ここをじっくり観るプロセスを大事にしながら、自分で自分をよい状態にしていけるから。

 

でも、西洋医学のお世話になることもある。

今は乗り越えられなくて、じっくり向き合うためにする選択もある。

全部自分で決めること。

とことん対症療法、とは、私にはそんな意味があるんです。

やって終わりじゃない、委ねて終わりじゃない。

Awareness

意識していく

気づいていくこと

 

誰かや何かに「無意識に」任せない。

意識して選択していく。

それができるうちは。

意識のあるうちは。

自分で選べることは、最高に幸せなことだと思うんです。

関連記事

  1. ラジオ初登場してきました(^^)

  2. 情報に惑わされない自分を育てるには?

  3. 「本来の自分とつながる」と決めるとお知らせはやってくる

  4. これからの美容師に伝えたいこと

  5. ナチュラルなヘアケアを取り入れたいと思っているあなたへ

  6. 対症療法のときもあるけど、使った後の反応をしっかり観察することのススメ…

  7. 自分を大切に扱うことで何が得られるの?

  8. 友達や家族のあの症状や問題に効果のあるアロマが知りたい!という方へ

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。