ミスした時の精神状態はどうだった?自分を責めすぎずに状況を正視するには?

唐突ですが・・・

私の周りには医療や介護の仕事に携わっている人が結構います。

私も以前は看護師の仕事をしていたり、事務的な仕事の経験は皆無なのですが、

医療や介護の現場ではミスをした時に必ず報告書を書きます。

今日は親戚の子がミスをしてしまったけど報告書がうまく書けない!

どうしよう・・・

という相談がありました。

報告書を書くときは、ミスが起きた時の詳しい状況を書きますが・・・

例えば人がお相手の場合、お相手の状況、自分の状況、ミスの詳細、それでどんな結果になったかを細かく書いていくわけです。

最後に原因の分析を書きますが、このとき多いのが

『私の注意が足りないためにこんなことになってしまいました。

以降こういったことがないように気をつけていきます。』

と、反省がメインになってしまうこと。

お〜い、原因は何だったんだ?

ちゃんとわかってますか〜?

私の親戚の子もこれでダメ出しをくらってしまったというわけです( ;  ; )

反省がいけないわけではない。

反省の気持ちもないのはすごく問題。

もちろんそうなんだけれど・・・

同じことを繰り返さないためには、

なぜそうなったのかの分析がすごく重要である、現役のときは私も先輩たちにしごかれてきました〜_:(´ཀ`」 ∠):

そう、仕事はね、しごかれていくことでもどんどん磨かれていきます。

看護師として必要な技術を徐々に獲得し、心臓に毛も生えていくのです(*゚▽゚*)

でも、40何年(え?何年?)生きてきて思うこと、

ミスを起こした時や何かが起きてしまった時の自分の精神状態はどうだったのかな、ということ。

生活は?

疲労は?

ストレスは?

もっと細かく言えば、

その時急いでいた?

何かに気を取られていた?

夜はあまり眠れなくて、朝から慌てていた?

彼氏と最近うまくいっていなくて何だかモヤモヤしていた?

上げればキリがないですが、ミスが起きたり、または病気になったり、私のように事故にあったりするときは、

どんな状態であったかということが密に関わっている気がするのです。

無になって、オートマティックに日常が問題なく送れるくらいの仙人のような人であれば、何事もなく平安かもしれませんが。

日々『山あり谷あり』だからこその地球人としての人生を選んでここにいるからには、

自分を見つめるニュートラルな時間が必要です

 

問題が起きた時、

自分を責める

周りの人や環境のせいにする

そんな癖はありませんか?

 

そんなのないよ〜って思う方も。。。

なんだか仕事でミスしてしまったり、物事がうまく運ばずイライラ・どんよりする時って、

奥深いところにそんな感情や怒りが隠れていたりするんですよね〜。

私の母の職場には、報告書の中に『その時の精神状態』を細かくチェックする欄があるそうで、

時代は変わったなぁ、なんて思いました。

 

でも!!

自分ではすぐには気づかない、分析できない場合だってあるんです。

疲れているのに気づけない、怒っているのに気づけない・・・

 

次の日に

またその次の日に

持ち越してしまう

持ち越していることにも気づかない

 

そんな中でヤングリヴィングのエッセンシャルオイルを適切に使っていくことで変化していくことに気づけたのです(*゚▽゚*)

ポイントは適切に使うことなんです。

むやみやたらに、でも、思いついた時だけ、でもない。

 

これを習慣化すると、思わぬミスや突発的な出来事からは、大きなものを受け取ることになります(//∇//)

仙人ではないから、大波小波、もちろんありますが、

状況を正視して受け取ったら、ニュートラルに戻る速度が速くなります。

そうすると、『え?もう今月終わり?』というよりも、

『今月もなんて濃いぃ〜1ヶ月・・・ありがとう』

といった気持ちがわいてきます。

今この瞬間をいつも大切にしたいです。

 

 

関連記事

  1. 「本来の自分とつながる」と決めるとお知らせはやってくる

  2. 情報に惑わされない自分を育てるには?

  3. とことん対症療法に対する私なりの解釈、闇も光も観ること

  4. 自分を大切に扱うことで何が得られるの?

  5. これからの美容師に伝えたいこと

  6. サンダルウッドの共生力は人間の腸に似ている

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。