「本来の自分とつながる」と決めるとお知らせはやってくる

自分にとって苦しい出来事。

今まで沢山ありました。
私は「これがやりたい」「これをする」と決めると、夢中でやってしまう癖があります。
その癖のおかげで、沢山得てきたものもあります。
「願えば叶う」を信条に何事も本気で生きてきました。
看護師、海外で働く、ヘアメイク、美容師、ヨガ講師、セラピストと経験してきたのも全て繋がっていて理由があります。
30代前半から何度も病気を経験、事故に遭い、何かある度強くなった面もあるけれど、自信をなくした時もいっぱいあります。
病気や事故はお知らせ。
あなたの今のやり方見直す必要あるんじゃない?ということなんです。
そんなふうに思えるようになったのは、すごくありがたいです。
コンプレックスのかたまりだった時期もありました。
何かある度に落ち込まないか、と言ったら嘘になります。
「また来た」
「何がいけないの」
そんな気持ちになることがありました。
だけど、そんな自分を受け入れて行く。
自分を信頼できるようになって
色んなことに安心して取り組めるようになった
自分への信頼度が増していくほど、もっともっと自分らしく生きたいと願う。
そのためにしたいことが次々と浮かぶ。
そうして浮かんだことをやることはとても気持ちよく、スッキリするんです。
とてもありがたい、幸せな時間なんですよ(*゚▽゚*)
だけど、、、なんです。
私には物事に没頭してしまう癖がある
作業をしていると、話しかけられても気づかない
時間がものすごく過ぎているのにも気づかない
気づくと体力の限界はとうに過ぎている
だからこそ、どうすればメンテナンスができるかを沢山経験してきました。
だからこそ、です。
心の奥底にある小さなサインをきちんと受け取らないと、大打撃を食らうことがあるんです。
この打撃のスパンが事故後はさらに強化されてます。
もう本来の自分の小さなサインをひとつでも見逃すと、速攻お知らせがやってくるのです( T_T)\(^-^ )
だから、自分の中にいる小さな小さな子供が発する小さな小さな赤ちゃんのような声
「オギャー」という声を本当に大事にしたいと思いました。
もっともっと素直に、自分を喜ばせてあげることこそが、
今自分が生きている世界に、喜んで自分を差し出すことになるのでしょう。
生まれてきた役目を、もっと果たしたいから、私は自分の失敗も恥ずかしい部分も、更にさらけ出していこうと決めました。
これが私の使命なのですね。
一生青春です(//∇//)

関連記事

  1. 自分を大切に扱うことで何が得られるの?

  2. ミスした時の精神状態はどうだった?自分を責めすぎずに状況を正視するには…

  3. 情報に惑わされない自分を育てるには?

  4. これからの美容師に伝えたいこと

  5. サンダルウッドの共生力は人間の腸に似ている

  6. とことん対症療法に対する私なりの解釈、闇も光も観ること

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。